薬剤師のアルバイトは、高時給、高待遇な求人が多く、資格が効果を発揮する売り手市場になっています。

ガソリンスタンドでアルバイトを始めよう
Hot Entry
ガソリンスタンドでアルバイトを始めよう

薬剤師のアルバイトは売り手市場

薬剤師は、国家資格を持っていなければ就くことができない専門性の高い職種です。そのため、求人の需要も多く、仮に正社員以外の派遣やアルバイトなどの働き方であっても病院や調剤薬局、ドラッグストアなど様々な求人募集があります。アルバイトの場合は、薬局やドラッグストアなどで募集している場合が多いですが、時給も平均1500円〜2000円と高額で、労働時間をみても「平日のみ可」「勤務時間帯は相談に応じます」といったハードルが低めの条件の場合がよく見られます。

なぜ雇用側としては、そんな好条件を提示してまで薬剤師を雇いたいとかというと、現行の薬事法では、「第1類医薬品」という種類の薬は、薬剤師でなければ販売できないという規定があるからです。この種類の薬は、アレルギーの薬や胃薬、禁煙補助剤などが該当します。こういった医薬品が販売できないと、店としての評判も上がりませんし、売り上げも伸びなくなってしまうからです。そこでお店側としては、アルバイトとしてお客さんの多い時間帯だけでも店にいてもらいたいと考えています。薬剤師のアルバイトをしているのは、主に既婚者の女性で、育児や家事のためにフルタイムでは働けないけれど、資格を生かして働きたいという人たちが、アルバイトとして活躍している場合が多く、比較的売り手市場の傾向が強いお得なアルバイトと言えるでしょう。

関連情報