アルバイトで何とか食いつないでいる方もいますが、そのような方を保護する法律を知っておくべきでしょう。

ガソリンスタンドでアルバイトを始めよう
Hot Entry
ガソリンスタンドでアルバイトを始めよう

アルバイトに関しての法律

アルバイトやパートタイマーなどは、業務内容は正社員とほとんど変わらないことをしているにもかかわらず、時給や地位などは非常に低く設定されているので、かなり扱いやすい存在ではあります。しかし、その力関係を悪用して、乱暴にアルバイトを遣おうとしている企業もあります。そのようなことを防止するために、パートタイム労働法が制定されています。この法律を少しは勉強して、アルバイトをしようと考えている方は、自分のことを守っていく必要があるでしょう。

パートタイム労働法では、パートタイム労働者の定義がまずなされており、正社員よりも労働時間が短い場合には、全員がパートタイマーとなります。つまり、アルバイトもその法律によって保護されることになります。この法律では、入社時には昇給、退職金、そして賞与の有無をまずしっかりと示さないといけないことになっています。また、業者によってはアルバイトに対しては、契約書などを発行していない、という場所もありますが、そのような場合でも、文書による契約内容の確認を求めることができるので、後々に意見が食い違わないようにするためにも、文書による確認を取っておくことです。そして、正社員になる機会が与えられている場合には、その時点で入社しているアルバイトやパートに対しても、その情報を通知しなければならないようになっています。つまり、ほかの社員と同様に正社員へと転換するチャンスを獲得することができることになっています。

関連情報