私が学生時代にしていたアルバイトがあります。退職時には有給休暇を消化させてもらった時の話を書きます。

ガソリンスタンドでアルバイトを始めよう
Hot Entry
ガソリンスタンドでアルバイトを始めよう

アルバイトの有給休暇について

私は一度だけ、アルバイトでありながら有給休暇を頂いたことがあります。そのアルバイトは、上場企業で誰もが知っていると大企業でした。そのため、アルバイトであっても契約等の手続きや、機密情報に関する同意書などのたくさんの書類を提出しました。その中には、有給休暇に関する書類もありました。勤務年数と勤務時間により、1年に与えられる有給休暇が決められているという内容でした。私はこの時に、アルバイトでも有給休暇がもらえるという事を初めて知りました。

しかし、シフト制で週平均3日〜4日程度の勤務でした。シフトも比較的自由に希望を言える環境であったため、有給休暇を使う機会はありませんでした。そして、2年以上を勤務した後、就職活動に専念するために退職する事にしました。その時に、上司の方から有給休暇に関する説明を受けました。今まで一度も使っていなかったので、6日分程度残っているとのことでした。そして、その分を消化してから退職するように手続きを行ってくれたのです。退職後、給料明細を確認すると確かに有給休暇分がお給料に含まれていました。みなさんもアルバイトであっても、契約内容を確認してみると、私のように有給休暇を使える事があると思います。