アルバイトの経験は過去の職歴や働いた期間によって、履歴書に書いたほうが良いかどうかが分かれます。

ガソリンスタンドでアルバイトを始めよう
Hot Entry
ガソリンスタンドでアルバイトを始めよう

アルバイトの経験は履歴書に書くべきか

履歴書の職歴の欄に、アルバイトの経験は書いたほうが良いのでしょうか。これはケースバーケースで、常に正解があるわけではありません。採用担当者によって、書いてほしいと思う人もいるし、書く必要はないと考える人もいます。

明らかに書いたほうが良いと考えられるのは、アルバイトだけで正社員の経験がない人や、長い間アルバイトだけで生計を立てていた人です。何も書かないと、その間は無職だったと思われてしまいます。また応募する会社の業種と直接関係のあるアルバイトなら、書いたほうが実務に役立つ経験をアピールできるでしょう。そのほかアルバイト先で社会保険に加入していた人は、念のために書いておくのが無難です。これは書かなくても会社に知られてしまうので、故意に隠していたと疑われるからです。

短期のアルバイトをいくつも経験した場合は、内容にまとまりがなければ「アルバイトとして数社に勤務」と書き、無職でなかったことを示します。何かアピールできる経験があるなら、その職歴をピックアップするのも悪くありません。ひとつの業界で働いて来たなら、すべてを職務経歴書に並べることも可能です。いずれにせよ嘘や大げさな表現を避け、わかりやすく伝えるのが大切です。

関連情報